誰でもモテ男になれます。

男と女の心理学

男なら誰でも、かわいい彼女を連れて
楽しくデートしたいものです(よね?)

ところが、モテルやつはいつも同じ、
そういう男はいつ見ても綺麗な女性と
一緒に楽しそうにしている。

そういう男はごく少数で、その他大勢は
いつも「彼女ほしいよな〜」なんてボヤ
いているわけです。

いったい、モテル男とそうでない男の、
決定的な違いはなんでしょうか。

顔?お金?地位?


そういう要素ももちろん関係してくるで
しょうが、モテル男をよく観察してみると
ある事実が浮かび上がってきます。


彼ら(モテル男)は例外なく、自分がモテル
と知っているのです。

彼らはモテルべくしてモテている、モテルの
が当然だと自分で信じている。


いわゆる「モテるオーラ」が出ているのです。

顔もスタイルもたいしたことがなく、別に
お金持ちと言うわけでもなく、特別話が面白い
と言うわけでもない。

なのに、いつも女性が集まってくる。

そういう男性、あなたの周りにもいますよね。


さて、それでは誰でも「モテオーラ」を出し、
実際に可愛い女の子にモテてしまう秘儀を
ご紹介しましょう。



続きを読む
posted by 心理カウンセラー 資格 at 23:26 | 男と女の心理学

男が嫌う、女性の外見

男と女の心理学

男と女の心理学

女性は必要以上に外見にこだわります。

しかし、あまり手をかけすぎると、男性が寄り付かないような
魅力のない女性になってしまいます。

まず、必要以上に厚化粧した女性。

男性は女性の化粧をあまり快く思っていません。

厚すぎる化粧は、男性から見てとても安っぽく見えるものです。

また、女性の髪も重要なポイントです。

男性は女性の髪に魅力を感じます。

ところが、スプレーなどでかっちり固めた髪や、ゴテゴテした
アクセサリーがついていると、がっかりするものです。

髪に触れないような女性は、魅力も半減してしまいます。


このように、女性の外見において、男女の意見の食い違いがある
事ははっきりしています。

女性の方は、男性に好かれるために少し控えめにお洒落をすると
いいのでは?
posted by 心理カウンセラー 資格 at 01:15 | 男と女の心理学

男と女の心理学

男と女の心理学

結婚してしばらくすると、今まで自分のことは自分でできた
男性が、何もかも女性にまかせっきりになってしまうことが
よくあります。

これは、女性が必要以上に世話を焼く事が原因で起こります。

人間は基本的にラクをしたがる動物です。

靴下を準備するのも、明日着るものを用意するのも、自分でや
るより誰かにやってもらったほうがラクなのです。

しかし、自分でできることまでやってあげていると、男性はだ
んだん自分が役立たずな人間だと思い始めるのです。

そうして男性は自身をなくし、本当にダメな人間になってしま
うのです。

自分でできることは、ドンドン自分でやらせましょう。

そうすれば男性はプライドを保つ事ができ、仕事でも結果を出
せるようになるのです。

女性は、男性の母親になってはいけません。

相手を大事に思うならなおさらです。

posted by 心理カウンセラー 資格 at 01:05 | 男と女の心理学

男と女の心理学

男と女の心理学

「結局キミは、なにがいいたいの?」

男性が女性と話していて強く感じる事は、こんなことでは
ないでしょうか。

逆に、女性はこう思います。

「何が言いたいの?って、私は私の気持ちを分かって欲し
いのよ!」


このような食い違いは、男女の思考の違いから生じるとい
われています。

男性はまず結果を求めます。

なので男性の話は短くてシンプル、用件だけの事が多いの
です。

ところが女性は違います。

はっきり言って用件なんか、どうでもいいのです。

とにかく、そのとき私はこう思った、だからあなたはどう
思うの?

こんなふうに、そのときの感情を相手に分かって欲しいの
です。

この男女の違いを頭に入れておけば、恋人同士や夫婦喧嘩
が少しは減るのではないでしょうか。
posted by 心理カウンセラー 資格 at 00:56 | 男と女の心理学

男と女の心理学

男と女の心理学

恋愛において、どちらか一方だけが一生懸命になる恋は必ず
終わる、という定説があります。

相手を愛しすぎ、相手の自分への愛情とのバランスが取れな
くなると、おかしなことが起こってきます。

あなたが相手を愛しすぎると、相手はそれを当たり前に感じ
出すようになります。

そして、あなたが尽くすように、あなたに対して尽くしてく
れるわけではないのです。

あなたはこう思い始めます。

「私がこんなに愛して尽くしているのに、あなたはなぜ同じ
ように愛してくれないの!?」

するとあなたは相手に干渉しすぎるようになり、相手はしだ
いにあなたを疎ましく思い始めるのです。

その先にあるのは別れです。


相手を愛しすぎるのは辞めましょう。

多すぎる愛情は、相手に苦痛になることもあるのです。

あくまで恋愛もバランスが大事なのです。


逆に、たくさんの愛情を相手が注いでくれたなら、できる範囲
で返していきましょう。

そういった努力を続ければ、深く愛し合った、ステキなカップル
になれるのです。

posted by 心理カウンセラー 資格 at 00:47 | 男と女の心理学

男と女の心理学

男と女の心理学

恋愛期間も長くなり、お互い馴れ合いになってしまうと、
ついつい相手のわがまま、身勝手を許してしまうという
ことになってしまいがちです。

人間は現状を「心地よい」と感じる傾向があり、新しい
違った環境に置かれてみて初めて、今までの理不尽に気
付く事も多いのです。

あなたがパートナーのわがままを許す事が当たり前になっ
ているのなら、それはとても危険な事なのです。

自分を軽く扱われる事に慣れると、自分自身を嫌いになり、
自己嫌悪に陥るのです。

そうなると自分に自信がなくなります。

自信がなくなれば、パートナーのわがまま、身勝手を受け
入れざるをえなくなり、どんどん悪循環に陥っていくので
す。

その先に待っているのは不幸だけです。

そうならないためにも、自分の意見・尊厳を守りぬき、自
分自身を保っていかなくてはならないのです。

相手に尽くす事だけが愛情ではないのです。

posted by 心理カウンセラー 資格 at 00:34 | 男と女の心理学
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。