「オペラント行動」心理学用語集

心理カウンセリング用語集

「オペラント行動」

オペラント行動とは米国の心理学者B.F.スキナー博士に提唱されたもので、ネズミを入れた箱の中にレバーを押すとエサがもらえる装置を設置して実験を行った。
 
ネズミは始めレバーの存在に気が付かないがそのうちレバーを押せばエサがでてきて食べられるという事を学習し、その後は自分からレバーを押し餌を食べるという行動を繰り返すようになる。
 
このネズミの行動のように、オペラント行動とは「特定の誘発刺激がない自発的反応」のことをいう。
 
人間も同じで、人に挨拶をするという行動はその挨拶をした事で相手から挨拶が返され、それが何度も繰り返されることによってその人の挨拶が習慣化される。
 
このオペラント行動を利用したのが応用行動分析学であり問題行動の矯正などに利用されている。
posted by 心理カウンセラー 資格 at 18:06 | 心理カウンセリング用語集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。